自己破産はメリットのみではないです

自己破産は、行いますと社会的信用を非常に強くしなることになります。まず金融信用情報が最悪になりますし、場合によっては仕事を辞めなければならないような状況になったりもします。別に法律的な規定があるわけではないのですが、例えば人様の現金を扱うような職業であるとやめるように言われる可能性が高いです。具体的には金融関係とかです。それと資格的にできなくなってしまうことがある仕事もあります。 警察なども辞めさせられる可能性が高いですからその点はよく理解しておきましょう。財産などもほとんど持ってかれることになります。そもそも返済ができないからこそ自己破産をすることになるのですから、自分で資産を持っているということは基本的に駄目になります。正しい生活費などが必要になるでしょうからそれは現金資産として持っていて良い部分があります。 具体的にいますと生活費として99万円までは現金に持っていて良いことになっています。ただし自己破産の申請をしてから財産を処分してそのお金を確保しようとするのはやってはいけないことにもなっています。