任意整理とはどのようなものか

任意整理という言葉を聞いたことがあるでしょうか。もし聞いたことがない方でも、よく○○法律事務所がCMで過払い金の利息を取り戻す、など「債務整理のことなら○○法律事務所」という風にしているので言う言葉は見聞きしたことがあるでしょう。
この過払い金の利息を取り戻す、ということも任意整理の一つなのです。
債務整理弁護士に詳しくかかれていますが、任意整理は、読んで字のごとく任意で債務を整理するやり方です。
つまり、債権者に対して、借金の減額などを直接交渉することを言います。このやり方を選ばれることが多いのは、例えば住宅を手放したくないなどの事情がある場合です。この場合には住宅ローンを借りている金融機関以外との交渉をすることになります。また、住宅ローンの支払いも苦しい場合には、任意整理に加えて住宅ローンを借りている金融機関に返済期間の延長などの返済額を減らす方法をお願いする必要がでてくるかもしれません。
では、このような任意整理ですがデメリットはないのでしょうか。率直に言えばデメリットは存在します。金融業者にとってはこれは事故情報ですので、金融業者が登録している信用情報機関に事故情報として登録され、共有されることにより、事故情報が消える5~7年ほどはクレジットカードを作ったり、ローンを組むことができなくなります。
では、任意整理はどんな人がすべきでしょうか。任意整理は、金融業者との直接交渉です。そのため、金融業者は応じなければならない義務を負いません。つまり、任意整理すべき人、というのは自己破産まではいかないけれど、借金の額さえ減れば、毎月の返済額さえ減ればきちんと完済できる見通しがある人です。この見通しがなければ金融業者も任意整理には応じてくれません。また、冒頭の過払い金の返還を求める人もしてもデメリットはありませんのですべきでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です