知人間の借金が信用に及ぼす影響

現在30代男性の私と同年代になる学生時代の友人の話です。
私と彼が共に20代半ばの頃、周りの友人も皆社会人として収入を得ていました。
彼は実家住まいで収入も平均的でしたが、私や友人達にお金を借りるようになりました。
生活に困っていなかった私や他の友人達も平均程度の年収はあり、私は何の用途も聞かずにお金を貸していました。
その後、彼以外の友人らとたまたま集まった機会で、友人の1人が彼に貸した金が返ってこない話題を切り出しました。
すると私も含め何人かが自分も同じように返ってこない話をし、学生時代の友人間で彼が何人にもお金を借りている事実が知られてしまいました。
私はお金はそうそう返ってこないものと思い貸していたため何とも思いません。
同じくお金を貸していた数名も何とか取り立てようとは思っていませんでした。
ですが、友人間に打ち明けずに借金をしていた彼の信用はすっかり落ち込んでしまいました。
他の友人に借金がある事はなかなか言い出せない話題でしょう。
ですが、苦楽を共にした友人間です。
何も悪い噂話を流したり、集まって取り立てたりはしないものです。
せめて打ち明けるだけでもして欲しかったと集まっていた友人達も言っていました。
まずは返せない借金はしない事、どうしても困っている場合はまず相談してくれる事、友人間のお金の貸し借りで信用を落とさないために大切な事ではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です